BMTRG
ビワマス トローリング ガイド 
Yoshikazu Kondo

HOME | ビワマス トローリング

 

琵琶湖の宝石を釣る 

琵琶湖の宝石と呼ばれるビワマスを釣ってみませんか?  出会った釣り人が口をそろえる「美しい魚」ビワマス。 最上級のフィッシングボートで広大な琵琶湖へ熟練のガイドがご案内します。

トローリングで狙うビワマス

広大な琵琶湖で固有種ビワマスを狙ってトローリング。ここでしか体験することのできない贅沢な釣り、地元プロガイドがとびきり贅沢なフィッシングボートでご案内します。
 
ご案内するトローリングボートはフル装備のフィッシングボート。GPS魚群探知機はもちろん、オートパイロットやレーダーなど安全な釣行をサーポートする機器、冷暖房完備のゆったりとしたキャビンや個室トイレ、広い仮眠スペースといった快適な釣行に欠かせない全てが装備されています。
ビワマス専用のカスタムトローリングロッドをはじめ、トーナメント仕様のダウンリガーや大型プラナーボードなど全てプロ仕様のタックルを準備してゲストをお迎えします。もちろんゲスト用のライフジャケットもご用意しています。

 ポイントまでのクルージングをお楽しみいただいた後は、時速3キロほどでルアーを引きながらゆったりとトローリング。最小制限30センチから最大70センチ超、4キロを超えることもある琵琶鱒を狙います。ダウンリガーやプラナーボードを駆使して4本から多い時は10本のロッドを使い、たくさんの仕掛けを同時に流すガイド熟練の技は必見です。
その日のコンディションを読みながらベストマッチのルアーを選び、魚群探知機や流速計、深層水温計などを駆使して水中を探りながら最良のコースをトローリング。ひとたび琵琶鱒がヒットすれば強烈なファイトの始まりです。
ガイドの無い日にには、本職の漁師として多くの有名料亭やレストランそして市場に魚を納める日々。ご注文に追われ厳しいコンディションの中でも釣ってくるのが当たり前の仕事。そんな経験がガイドという限られた時間の中でも生かされています。

 

ゲストお一人当たりのお持ち帰り制限は5匹。小さい魚を入れ替えながらの釣行やキャッチアンドリリースは認められていますが貴重なビワマスに優しく接していただけるようお願いしています。
1キロ越えのビワマスがよく釣れるため食べても美味のビワマスをお楽しみいただくには十分と考えています。

6月からのハイシーズンはもとより、12月1日の解禁から冬の間も十分にお楽しみいただけるビワマスのトローリング。シーズン終盤の9月にはどう猛な顔つきの鼻曲がりが釣れることも多々。10月11月の禁漁期を除き10ヶ月と長いシーズン、四季折々の琵琶湖をご堪能いただきながらお楽しみいただけます。