ニュース一覧

26期生が卒業しました。

 

 

 

 

学校長 槙 系 式辞より 抜粋
本日ここに、近江八幡市立看護専門学校を卒業される39名の皆さん、おめでとうございます。過密な授業と厳しい実習を、一つ一つ堅実に消化され、この日を迎えることが出来ました。皆さん方は今、これまでの地道な努力に思いを馳せ、それぞれ、胸に迫るものがあると思います。教職員を代表して、心からお祝いを申し上げます。そして、みなさんをこれまで支えてこられた、ご家族の皆様方に、感謝とお慶びを申し上げます。
皆さんは本学での3年間をどのように過ごすことができたでしょうか。看護師を目指して、学業に励んだことは当然ですが、社会人としての資質にも磨きをかけることができたでしょうか。看護師である前にひとりの人間です。人としての基本的な素養を培っておけば、後は職業や役職が人を造ります。看護師の目線は、いくら教科書を読んでも身につくものではなく、看護師という職に就いて、自然に備わってくる性質のものです。皆さん方も1年がたった来年の春頃には、不思議なくらい看護師らしくなります。
しかし、大切なことはその傲慢になろうとする時期に、いかに謙虚に振る舞うことができるかです。謙虚でなければ、後輩が持ち込む新しい知識を吸収することは出来ません。謙虚でなければ時には手順を飛ばして、医療事故を招くことになるかもしれません。謙虚というのは、ただ、ものを言わずに、おとなしくしていることではありません。人生の逆境を思い、その逆境に対処するために自己を抑制し規律すること、そのような姿勢が謙虚と言えるでしょう。そもそも自分を見失っていては、自己を抑制し、規律することはできません。自分自身が確立していてこそ、謙虚にもなれるのです。また謙虚でいること、それができることは、良好なコミュニケーションを維持するための重要な要素のひとつだと思います。謙虚であるためには、時には自我を抑えなければなりません。視点を変えて言えば、それができるかどうか、そのことが社会人としての資質のひとつかもしれません。
これから皆さんは、医療の現場に足を踏み入れます。そこは、とかく忙しく文字通り心を亡くしてしまいがちな現場、往々にして自己を見失ってしまう世界です。自分が思い描いていた理想と、時間に流されて自己を見失いそうになる現実とのギャップに、一度ならず虚無感や挫折感を覚えることでしょう。看護師である限り、ある程度の仕事の負担感は仕方がありません。しかし、同じ負担でも、人間関係が良い職場では、その負担感が軽減され、それだけ前向きに言葉を換えれば、理想を抱きながら仕事に取り組むことができるのです。働きがいのある職場はどんな職種でもそうですが、与えられるものではありません。自分たちで築いていくものです。おそらく看護師という職業に就いてからこそ、自分が自分であることの難しさを実感するでしょう。この3年間培った人としての基本的素養を、今後も更に高めながら、先輩看護師とともに、働きがいのある職場づくりを目指してください。そのことが、結果的に私たちが提供する医療の質向上にも繋がるはずです。

2017年03月03日

25期生が卒業しました。

 

 

学校長 槙 系 式辞より 抜粋 近江八幡市立看護専門学校を卒業される43名の皆さん、本日はおめでとうございます。縁あってあらためて皆さんの門出をお祝いすることになりました。これを世間では、そのようになる「巡りあわせ」「縁(えにし)」と言うのでしょう。今まで育った境遇や環境も違った皆さんが、同じ学校に集って卒業の日を迎えることができる、これも縁(えにし)です。 医療の世界は社会の縮図です。人生の大先輩が尊厳ある終末を迎える場であり、生きることの意味を知らないまま生命を与えられた新生児が、自己主張する場でもあります。お互いを理解し合えるということ、その事自体が理想です。 患者中心と言っても表面的な阿諛追従では、患者さんからの信頼は得られません。信頼は知識が豊富であるとか、技術がしっかりしているというだけでは得られません。尊敬に値しない人に、まず、信頼の気持ちを寄せてはもらえないでしょう。尊敬とはたゆまない自己研鑚を重ねる者に対して、他者から自然に向けられる眼差しなのだろうと思います。 皆さんは単に国家資格をもった看護師にとどまることなく、これからもひとりの人間として、その人間性に磨きをかけ続けていただきたいと思います。看護師という重い社会的要請に応えるためにも、どうか、その高い志をを持ち続けてください。そして、自分を見失わないでください。

2016年03月04日

27期生が卒業しました。

 

卒業生代表 答辞より 抜粋

 頬に伝わる風が和らぎ、春の訪れを感じる季節となりました。本日は私達卒業生の為に、厳粛かつ華やかな卒業式を挙行していただき、ありがとうございます。

~中略~

 私達が本日無事に卒業式を迎えられたのは、この三年間私達に携わっていただいた多くの方々のご支援があったからだということを忘れてはなりません。実習先のスタッフの皆さまをはじめ、先生方私達の実習を受け持ちを快く承諾してくださった患者様へ感謝の気持ちでいっぱいです。

 さらに忘れてはならないのは、私達を支えてくれた家族の存在です。私達の志を尊重し、いつも応援をしてくれました。国家試験当日は、私達と同様、家族にとっても不安な一日となり、随分心配をかけました。二人の子どもをもつ私は、何一つ子どもたちに母親らしいことをすることが出来ませんでした。寂しい思いをさせていることを心の中で謝ることしかできませんでした。この道を選んだことを悔いることをもありましたが、ひたすら自分の選んだ道を信じ、全力で立ち向かうことで家族への感謝の気持ちを示そうと必死に頑張りました。勉強、勉強で追われて辛い時は、患者様のことを思いました。重い病で苦しんでいる患者様、命尽きようとしている患者様、またそれを支えているご家族に比べたら、今の自分の辛さはどれほどのものだろうか。自分の弱い心にそう言い聞かせながら努力を重ね、三年の月日が過ぎ去りました。

 後輩の皆様、今後辛い事、困難な事にぶつかることがあるかもしれません。先生方のお力を借りながら、学校での貴重な学びを大切に、仲間と日々助け合い、充実した学校生活を送って下さい。

 私たちは4月からそれぞれ新しい道を歩み始めます。この学校の卒業生であるという誇りを胸に、患者様の身体的・精神的・社会的健康に寄り添った看護が提供できるよう、日々努力をしていくことをお誓いするとともに、皆様のご健勝とご多幸をお祈りし、答辞とさせていただきます。

 

2018年03月02日