リュートスター滋賀
電動車椅子サッカーとは?
競技規則
クラブ規約
メンバー紹介
活動日程
試合結果
フォトアルバム
お問い合わせ
リンク
掲示板


電動車椅子サッカーは、電動車椅子に乗ってプレーするサッカー競技です。体育館のバスケットボールコートを使用し、1チーム4人の選手が電動車椅子に乗ってプレーします。

競技風景1

電動車椅子で自在に動き回ったり旋回したりしながら、車イス先端の足台部分に取り付けたフットガードや電動車椅子の側面を使って、直径33センチの大きなサッカーボールを運び、キックし、ゴールを目指します。

運動機能の制約が大きい比較的重度の身体障害者でも、電動車椅子の操作さえできれば、電動車椅子に乗った状態でプレーを楽しめるという数少ないスポーツです。

ここ数年競技人口が拡大し、全国で48(402名)チーム(H15・03現在)が日本電動車椅子サッカー協会に登録しています。

日本電動車椅子サッカー協会のもと各地域のブロック連絡会に組織化され、日本選手権やブロック予選などの大会が毎年定期的に行われています。

競技風景2 競技風景3

電動車椅子の巧みな操作を駆使したボールコントロール技術とチームの戦術・組織力が勝敗のカギを握ります。電動車椅子どうしが競り合いぶつかり合う激しさ・迫力も満点です。また、電動車椅子に乗っていれば、年齢や性別を問わず同じ条件で楽しむことができるスポーツでもあります。


もどる