Introduction
伊吹田園空間博物館の南部を望む

醒井地区を流れる地蔵川 
地域展示資源の活用編
〜観光ガイドの取り組み〜

■米原市内観光ガイドの申込
■米原お祭りカレンダー
■English Page(The Introduction of Mt. Ibuki)
■メッセージ
 中山道醒井宿に流れる地蔵川のバイカモはあまりにも有名である。思わずすくってみたくなるような清流の中に、梅の花に似た純白の可憐な花がゆれている。見ていると、身も心も洗われるような思いになるのは今も昔も変わらないようである。
  むすぶ手に濁る心をすすぎなば
       浮世の夢も醒井の水

                
阿仏尼

          
 (「十六夜日記」より)
 滋賀県米原市の東北部には伊吹山がそびえている。奈良期の人々はこの山には荒ぶる神が宿ると信じていた。旅する平安貴族にとってはあこがれの地への入場門のように思われていただろう。このように厳しさと華やかさとを併せ持つのが伊吹山である。さらに、市の南部には霊仙山がそびえ、両山から発する姉川と天野川の流れは市の内外を蛇行しながら琵琶湖にそそいでいる。上流部でこの二つの川にはさまれた地帯をメインステージとして、この地の自然や歴史、文化、人々の暮らしを展示品に見たて、広く紹介するのが伊吹田園空間博物館の任務である。
伊吹田園空間博物館
伊吹山麓自然との共生の里
博物館のおすすめ散策ルート!
message.htmlへのリンク
地域展示資源の紹介編
〜7つの探訪ルート〜

■奥伊吹おすすめルート
■出雲井と湧水散策ルート
★出雲井の水路探検
★古文書で見る出雲井
★奉納太鼓踊り
■水利と農村文化探訪ルート
★柏原宿を歩く
■水利と生き物発見ルート
■「三島池で見る伊吹の初雪」
★三島池の魅力
■水利と工夫発見ルート
■扇状地の農業体験ルート