榊原温泉はお伊勢さまの入口でした

伊勢と伊賀を分ける布引山(青山高原)から流れる水は榊原の命の水。地下を流れる水は
温泉となり、都びとは神宮参拝の前にここ伊勢の国の入口、この地で湯垢離(ゆごり)を
し身を清める大切な御祓の場所であった。倭建命は西の山を笠取と名付け継体天皇の時代
にはここで真榊を調達、枕草子に「湯はななくりの湯」と清少納言はこの榊原の温泉を讃
え、ずいぶん歴史があるだけに榊原温泉の郷は語りきれないほどの宝があります。榊原温
泉ふるさと案内人はそのお宝を訪れた人たちに伝えようとがんばっています。     

=説明はへたくそですが どうぞお越し下さい=


©Copyrigt Sakakibaraonsen Hurusato Annaininnokai Since August.1.2013