安土城天主 信長の館 信長の館を見る セビリア万国博覧会とは? VR安土城 信長の家康饗応膳 安土リンク集 アクセス
HOMEに戻る
the "House of Nobunaga"
信長の館を見る
 「安土城天主 信長の館」では、1992年 スペイン・セビリア万国博覧会の日本館メイン展示に出展されました、安土城最上部5・6階部分を、万博終了後、安土町が譲りうけ新たに復元された部分を含め、保存・展示しております。安土城は、1579年(天正7年)、織田信長の命により建てられました。世界で最初の木造高層建築といわれ、高さ約46メートルの壮大で絢爛豪華な様は、ヨーロッパにまで紹介されました。しかし、わずか3年で焼失し、「幻の名城」と呼ばれてきました。 外観
 近年になり、「天主指図」が発見され、内藤昌氏の説に基づき、内部の狩野永徳が描いたといわれる金碧障壁画とともに、原寸大に復元されました。
 安土城は天下布武の象徴であり、天主5階・6階部分は、日本の宗教・思想を統一した「天道思想」を表現したものです。天下統一にかけた信長の強い意志を見ることができます。
 
天界をイメージした5階黄金
障壁画配置図6階
クリックで拡大表示!
クリックで拡大表示
 正八角形の「八角の段」と称し、宇宙を形どる。柱や天井はすべて朱漆に塗られちょうど法隆寺夢殿のような建築構成になっている。柱にはのぼり竜、くだり竜の彫刻がほどこされ、地獄より天国へいたる仏教観を示す。
 内陣には、釈門十大弟子のなかで釈迦が教えを説く様子を描き(釈迦説法図)、外陣(廊下)に面して、地獄における餓鬼畜生(阿鼻地獄図)が金碧極彩色の障壁画で描かれている。
双龍争珠図(一部) 天人影向図 海老虹梁
クリックで拡大表示
(新しくウインドウが開きます)
 
道教・儒教の思想を描く6階
障壁画配置図5階 クリックで拡大表示!
クリックで拡大表示
 正方形で、外観は金箔で仕上げられ、内部は黒漆塗りである。「天子南面」する 「四角の段」と言われ、正面の南→西→北→東と一周し天子創世の中国故事に 基づく、道教・儒教の教義を描いている。中国創世記の帝王(3皇5帝)、老子・孔 子・七賢人などを描く。
天主6階外観 天主鬼瓦 天主6階観覧デッキより
クリックで拡大表示
(新しくウインドウが開きます)
 
復元 安土城天主〜南蛮風唐様デザイン〜

冊子
 信長の館では、冊子「復元 安土城天主〜南蛮風唐様デザイン〜」を販売しております。(※ネット販売はしておりません)
  内藤昌氏監修で、その内容は、復元天主細部の見所と5・6階内部の障壁画をつぶさに解説しています。全10ページ、カラー版。このサイトでお見せできない写真も多数掲載しております。当館にお越しの際は是非記念にお買い求めください。
 
[ VR安土城はこちら ]
 
[当館までのアクセス]
 
 
HOMEに戻る
安土城天主 信長の館HOME文芸の郷 HOME

[お問い合わせ]

TEL:0748-46-6512
メール:nobunaga@bungei.or.jp
Copyright 2001-2015 安土城天主 信長の館. All rights reserved.