宗

本文へスキップ


      大原観音寺        521-0226 滋賀県米原市朝日1342
                                                                ℡0749-55-1340

 当寺は、伊富貴山観音護国寺といい、大原観音寺とも称されている天台宗寺院です。
そのはじめは伊吹山中にあって、弥高寺、太平寺、長尾寺の三ヵ寺と共に伊吹山四大護国寺は、
仁寿年間(851年~853年)に三修沙門によって開基され、元慶二年(878年)定額寺に列せら
れた名刹です。
 当寺の寺伝によりますと、貞和三年(1347年)に伊吹山中から現在の地に移ったとされてい
ますが、当寺に伝わる古文書などによりますと、それよりも八十余年前、鎌倉中期の正元年中
(1259年~1260年)に今の地に移転し、弘安年間に至る約20年間にほぼ寺観と什物を整えた
とされています。
 鎌倉から室町にかけては、時の領主であった地頭佐々木大原氏によって手厚い庇護を受け、
戦国期には、浅井亮政、久政、長政からも多くの寺領を安堵されています。
 羽柴秀吉は寺領を安堵するとともに、長浜城主時代にたびたび立ち寄り、天正四年には当寺に
茶屋を申しつけています。
 その頃小僧をしていた石田三成が鷹狩りの際に訪れた秀吉に、一杯目は大きい茶碗でぬるめの
お茶を、二杯目は中くらいの茶碗でやや熱めのお茶を、三杯目は小さい茶碗に熱いお茶を差し出
し、その才能を認められ、出世の糸口を作ったという話が伝えられています。そのお茶の水をく
んだとされる古井戸も残っています。
 江戸時代になっても諸役を免ぜられ、観音寺村という寺院名が村名となり、彦根藩(井伊氏)
の所領として幕末に至ります。
 境内には、本堂のほか、薬師堂、鐘楼、惣藏、惣門などがあり、その内の本堂、鐘楼、惣門が
国の重要文化財に指定されています。
 寺坊は、盛時には二十三坊あったとされていますが、現在、本坊、玉泉院の二坊を残すのみと
なり、わずかにその面影を見ることができます。

news新着情報


 



 新春1月1日 6時より本堂にて新年法要を行います。ご本尊の十一面観音さまの年に1回のご開帳
        となります。どうぞお参りくださいませ。また、13時30分に本堂にて護摩焚き法要
        も行います。

 3月21日 14時00分より観音寺本堂で涅槃会を行います。ご遠慮なくおこしください。
       
 8月3日 10時00分より「観音寺ブック&カフェ-KANNONJI851」がオープンいたします。オ
        ープニングイベントで、書家の「前田鎌利」氏による「大一大万大吉」の揮毫を
        催しいたします。また、地元の伊吹高校書道部による書道パフォーマンスも行わ
        れます。 入場は無料です。
       
 8月11日 10時00分より 観音寺本堂にて「千日会」法要を行います。「この日に観音様にお
        参りすると、千日お参りしたと同じ功徳があるとされる法会とされています」
        また、午後13時30分より観音寺本堂にて、熊本大学永青文庫研究センター長
        「稲葉継陽」教授による歴史講座を開催いたします。題材として「天下布武と
        明智光秀」として、次期NHK大河ドラマを先取り学習します。
        いずれも入場は無料です。

 8月3日~11月4日までの土日祝日、10時より16時の期間で「観音寺ブック&カフKANNONJI
        851」および「観音寺特別拝観」を開催しております。10月6・13・22日はお
        休みさせていただきます。

 9月14日・10月12日・11月2日の3回にわたり「マンスリー三成会」を開催いたします。講師
        はブック&カフェ名誉館長「田附清子」氏。会場は本坊ブック&カフェとなりま
        す。入場は無料です。
        https://kannonji-m.com/



令和元年7月30日
 ホームページを更新しました。                              


ナビゲーション

天台宗