本文へスキップ

よく考え心豊かなたくましい人間 広川町立津木中学校

お問い合わせはTEL.0737-67-2102

ホタルの飛翔状況

ホタルの保全活動 活動の歩み

活動の歩み

平成元年(1989) ホタル飼育施設完成
平成2年(1990) ホタル保護看板設置開始(6箇所9枚)
ホタル鑑賞会開始
平成4年(1992) ホタル飼育施設視察
 滋賀県守山市市民運動公園内
平成5年(1993) 飼育用ポンプ設置(有田ライオンズクラブ寄贈)
平成6年(1994) ホタル飼育施設視察(堺市津久野下水処理場)
教育研究奨励賞受賞【和歌山県教育委員会】
平成7年(1995) 広川の環境調査開始
(水生生物調査、カワニナ数調査、COD・HP値調査、川岸の植物や昆虫・魚等の調査 講師:吉田元重先生)
平成8年(1996) ホタルの研究を中心に環境調査活動開始(ホタルマップ作製)
ホタル飛翔数調査開始(校区内14地点において定点調査)
平成9年(1997) ホタル飼育施設視察(堺市津久野下水処理場)
平成10年(1998) ホタル看板寄贈(有田ライオンズクラブより20枚)
第7回全国小中学校環境教育賞「努力賞」受賞【日本児童教育振興財団】
 「人と自然を愛し、主体的に生きる生徒の育成」
平成11年(1999) 第8回全国小中学校環境教育賞「優秀賞」受賞【日本児童教育振興財団】
 「水を中心とした環境学習の展開-総合的な学習の時間の試行-」
平成12年(2000) 第22回全国中学生水の作文コンクール「優秀学校」受賞【建設省・和歌山県】
平成13年(2001) 第45回日本学生科学賞「和歌山県知事賞・高橋克己賞」受賞【読売新聞社】
 「身近な自然の探求から環境保全-ホタルの飼育観察、広川の調査活動を通して-」
平成14年(2002) わかやまジュニア環境サミットに参加
第46回日本学生科学賞「県議会議長賞・高橋克己賞」受賞【読売新聞社】
 「広川の生態研究と環境保全-ゲンジボタルの生育環境を探る-」
平成15年(2003) わかやま環境大賞受賞【和歌山県】
第47回日本学生科学賞「和歌山県教育委員会賞」受賞【読売新聞社】
 
「広川の増水とカワニナ数の変化について-ゲンジボタルの生育環境と広川の水環境を探る-」
「わかやま630」(NHK和歌山)ホタルの飼育放映
第6回関西中学生研究発表コンクール「優秀賞」

 「身近な自然の調査から環境保全 ~ゲンジボタルの生育環境を探る~」
平成16年(2004) カワニナの養殖研究を始める
第11回コカ・コーラ環境教育賞「奨励賞」受賞【コカ・コーラ教育・環境財団】

第48回日本学生科学賞「中央審査『入選3等』・和歌山県知事賞・高橋克己賞」受賞【読売新聞社】
 「巻き貝カワニナの行動と生態~避難行動と採食行動を探る~」
こどもホタレンジャー「優秀賞」受賞【環境省】
平成17年(2005) 河川功労者全国表彰
ホタル幼虫放流会開始
「きのくに21」(テレビ和歌山)で活動放映
ほたるの湯夏祭りに参加
第49回日本学生科学賞「中央審査『内閣総理大臣賞』・和歌山県知事賞・高橋克己賞」受賞【読売新聞社】
 「ゲンジボタルの求愛行動を探る~発光パターンと産卵についての新たな発見~」
第8回関西中学生研究発表コンクール「優秀賞」受賞【毎日新聞社】
平成18年(2006) 「みどりの日」自然環境功労者環境大臣の表彰
第50回日本学生科学賞「中央審査『入選2等』・和歌山県知事賞・高橋克己賞」受賞【読売新聞社】
 「食物連鎖からホタルの生息環境を探る」
こどもホタレンジャー「環境大臣賞」受賞【環境省】
平成19年(2007) 河川功労者全国表彰
第51回日本学生科学賞
 「中央審査『入選3等』・和歌山県知事賞・高橋克己(特別賞)」
 受賞【読売新聞社】

 「ホタルを支える生態系の解明」
こどもホタレンジャー「特別賞」受賞【環境省】
こどもエコクラブ全国フェスティバル(北九州市)に県代表として参加
平成20年(2008) 県民の友6月号に記事掲載
わかやま環境大賞受賞活動のパネル展示(県民文化会館小ホール)
「きのくに21」(テレビ和歌山)で活動放映
ホタル保護・研究活動20周年記念式典
平成21年(2009) こどもホタレンジャー「環境大臣賞」受賞【環境省】
 平成23年(2011)  こどもホタレンジャー「奨励賞」受賞【環境省】
 平成24年(2012)  こどもホタレンジャー「優秀賞」受賞【環境省】
 平成25年(2013)   こどもホタレンジャー「環境大臣賞」受賞【環境省】
 平成27年(2015)   学校自慢エコ大賞「エコ活動部門大賞」受賞【学校自慢エコ大賞実行委員会】